2019
映像インスタレーション|Video installation
サイズ可変|Size Variable

あのくらいの位置で、あのくらいの大きさで、あのくらいの動きで、今日もアニメーションは起きて眠る。

「起きて、起きて」の声で、小型プロジェクターを載せた装置が前後左右に動き出し、アニメーションは起きる。人が泳ぐシーンでは、装置自体が回転し、アニメーションが壁を沿って泳ぐ。アニメーション単体ではなく、アニメーションそのものを動かすことで生じる映像のリアリティを考察する。アニメーション自体の移動やおぼろげなマッピングによって、画面のフレームを超えた、その場限りの個人的な短編アニメーションを上演する。


At that position, size, and movement, animation wakes up and sleep.

At the beginning, the device which carries small laser projector moves back and forward, with the voice of “Wake up!”. In the scene of person swimming, the device itself rotates and animation actually swims along the gallery’s wall. I wanted to contemplate the reality of moving images not only by animation’s content, but making animation itself move. By animation-itself-movement and vague projection mapping, this work performs improvised-personal-short-animation playing beyond the frame.