2018
インスタレーション|Installation
サイズ可変|Size Variable
Materials: Camera obscura, tracing paper, iPod Touch, drawings

2018年4月に亡くなった愛犬のイメージを掴むために、カメラオブスクラを制作した。

歴史上最古のカメラとも言われるカメラオブスクラの眼を通して、最新のカメラを搭載したiPhoneに浮かび上がる像を写し取る。本来は風景や人物を被写体とするこの装置が、iPhoneというデバイス上の像を被写体とした瞬間、定着されるイメージはどのような変化をもたらすのだろうか。

写真家・畠山直哉教授による、「イメージの定着」をテーマに、カメラオブスクラの制作を通して像のキャッチを試みるという課題にて制作した。


I was trying to depict my image of my beloved dog who passed away on April 2018 with camera obscura.

Camera obscura is so-called the most old camera on the history. Through the lens of oldest mechanism, I traced the picture of my dog taken by the latest iPhone which I actually used to take a picture of my dog. Generally speaking, this device stands for tracing the subject such as actual landscape or portrait. However, how the image will be changed if the subject is the screen of iPhone.