2016
映像、パフォーマンス|Video, performance
4分|4 minutes

12歳の頃から映像を作り始めて、10年が経つ。

ある少年は、10年間、映像を作るうらで、成長し、葛藤する。これは12歳の頃から映像制作を始めた作者の、10年間の作者の私と映像の関係性を描いたセルフ・ドキュメンタリーであり、静かな決意表明である。


It has been 10 years since I made first animation at the age of 12.
One boy has been struggled in 10 years through making animations. This work represents one calm determination and self-documentary which expresses the relationship between me and animation for 10 years.