2018
プロジェクションマッピング|Projection mapping
30秒|30 seconds

重要文化財・神奈川県立歴史博物館でのプロジェクションマッピングイベント、馬車道プロジェクション2018にて制作した30秒の映像作品。建物に映像が映る、あるいは映像を映すとはいかなる行為か。この行為を考察すべく、下記の三点を意識して制作した。

  1. 現実の建物の輪郭に沿って動くアニメーション
  2. プロジェクターの投射口に手をかざすと影が映る、プロジェクターの特性を利用した映像表現
  3. コマ撮りと手描きという異なる手法を混ぜることで、映像の持つリアリティを曖昧にする

以上の三点から、映るあるいは映す行為、ひいてはプロジェクションマッピングそのものの再定義をもたらす映像作品となった。


This is a 30-seconds animation work I made in projection mapping event called “Bashamichi-Projection 2018” at national important cultural property, Kanagawa prefectual museum of cultural history.
To consider the act of mapping the video on the building, I made this animation with the following three things.

  1. Animation that moves along the outlines with actual buildings
  2. Video expression that utilized the characteristics of projectors, such as putting hands above projection lens thus makes shadow.
  3. With blending different expression such as stop-motion and hand-drawing, the ambiguity of reality in video will be emphasized.

Above those things, my aim was onto redefining the act of projection mapping, especially on mapping and being viewed.