短編アニメーションを制作してきた背景から、“アニメーションの脱構築”を主題に、動くプロジェクターによる空間的なアニメーション作品や、複数の物語が展開されるゲームアート作品を制作してきた。

そのとき常々意識に上るのは、フレームや物語性といった短編アニメーションがもつ要素についてである。これらの要素を解体し、インスタレーションやゲームといった他の形態で再び構成し直すことで、現代社会における個人的なアニメーションの成立条件を考察する。(190326)


With the background of making animation, I make art work with the theme of “deconstruction of animation”. For example, I made spatial animation installation with moving projector, game art work showing plural stories.

While making those works, I remind of the peculiar characteristics of short-independent animation such as frame and narrativity. I try to disjoint these characteristics and rejoint other forms like installation or game. By that, I contemplate the necessary conditions of personal animation in this modern society. (190326)