Appeartus
2024- / ongoing / Poetry Riding
aiueoa
iiiii
aaaaa notes! 最初のif ( have_posts() )で、記事が存在するかどうかを確認しています。have_posts()はクエリした結果記事を取得できたかどうかを判定する関数です。次のwhile ( have_posts() )で、投稿が存在する限り繰り返し処理を行っていきます。the_post()は記事をグローバル変数$postにセットし、次の記事へと進める処理を行う関数です。記事が複数ある場合でも、the_post()が実行されるたびに記事の数が減っていくため、やがてhave_posts()がfalseになり、while文を抜けるわけですね。また、あまり起こりませんが、記事が見つからない、というケースも発生し得ます。そのようなときのために、記事が見つからなかった場合の処理も追加しておいた方がユーザフレンドリーでしょう。else文の後に、たとえば「お探しの記事は見つかりませんでした」などと出力します。
iiiii かどうかを確認しています。have_posts()はクエリした結果記事を取得できたかどうかを判定する関数です。次のwhile ( have_posts() )で、投稿が存在する限り繰り返し処理を行っていきます。the_post()は記事をグローバル変数$postにセットし、次の記事へと進める処理を行う関数です。記事が複数ある場合でも、the_post()が実行されるたびに記事の数が減っていくため、やがてhave_posts()がfalseになり、while文を抜けるわけですね。また、あまり起こりませんが、記事が見つからない、というケースも発生し得ます。そのようなときのために、記事が見つからなかった場合の処

notes! 最初のif ( have_posts() )で、記事が存在するかどうかを確認しています。have_posts()はクエリした結果記事を取得できたかどうかを判定する関数です。次のwhile ( have_posts() )で、投稿が存在する限り繰り返し処理を行っていきます。the_post()は記事をグローバル変数$postにセットし、次の記事へと進める処理を行う関数です。記事が複数ある場合でも、the_post()が実行されるたびに記事の数が減っていくため、やがてhave_posts()がfalseになり、while文を抜けるわけですね。また、あまり起こりませんが、記事が見つからない、というケースも発生し得ます。そのようなときのために、記事が見つからなかった場合の処理も追加しておいた方がユーザフレンドリーでしょう。else文の後に、たとえば「お探しの記事は見つかりませんでした」などと出力します。notes! 最初のif ( have_posts() )で、記事が存在するかどうかを確認しています。have_posts()はクエリした結果記事を取得できたかどうかを判定する関数です。次のwhile ( have_posts() )で、投稿が存在する限り繰り返し処理を行っていきます。the_post()は記事をグローバル変数$postにセットし、次の記事へと進める処理を行う関数です。記事が複数ある場合でも、the_post()が実行されるたびに記事の数が減っていくため、やがてhave_posts()がfalseになり、while文を抜けるわけですね。また、あまり起こりませんが、記事が見つからない、というケースも発生し得ます。そのようなときのために、記事が見つからなかった場合の処理も追加しておいた方がユーザフレンドリーでしょう。else文の後に、たとえば「お探しの記事は見つかりませんでした」などと出力します。